肉汁餃子のダンダダン たまプラーザ店でお得なランチとおもしろスイーツレビュー

餃子が大好きな我が家では、月に3~4回ほど餃子が食卓に並びます。

そんな餃子好きな家族にうれしいお店が、たまプラーザ駅前にあります。店名は「肉汁餃子のダンダダン たまプラーザ店」。たまプラーザ駅南口を出て左手すぐにお店があります。

広い店内でいただくお得なランチとスイーツのレビューをお伝えします。

目次

肉汁餃子のダンダダンのランチメニューはお得

肉汁餃子のダンダダンのランチは、「究極の餃子定食」。曜日関係なく、同じ値段で食べることができます

これだけあって税込1,000円!ごはんは少な目にお願いしたので、通常分ではありません。

ご飯はお替り自由です。

肉汁餃子のダンダダンのランチメニュー「究極の餃子定食」

  • 焼き餃子6個
  • 温泉卵
  • 春雨サラダ
  • 水餃子入りスープ
  • 生たらこ
  • ご飯

焼き餃子

看板メニューの餃子は皮が分厚目。

お店の方から「最初は何も付けずに召し上がってみてください」といわれました。確かに中のアンは味がしっかり目についています。

これ以上は塩味は要らないと判断し、私はお酢をつけていただくことにしました。さっぱりとしたお酢とのバランスが良くて、いくらでも食べられるおいしさです。

鶏出汁ワンタンスープ

分厚目の皮がぷりぷりのワンタンにネギたっぷりの鶏スープに絡みます。

形状は焼き餃子と同じ感じ。スープの中に1個入っていました。

肉汁餃子のダンダダンは 馬刺しも看板メニュー

肉汁餃子のダンダダン」は馬刺しにも力を入れています。

馬刺しが大好きな娘は、すかさずオーダー。おいしいとうれしそうに食べていました。

好みで岩塩やショウガ、ニンニクを合わせて。

私はジビエ全般苦手なので、食レポはできませんが、好みの違う人同士でも楽しめるメニューの取り揃えがいいですね。

肉汁餃子のダンダダンの餃子アイス

デザートを食べて行こうということになり、私はプリン、娘は餃子アイスをセレクト。

餃子アイスの想像がつかないまま、どんなものがでてくるのか楽しみに……。

油で揚げた餃子の皮2枚とアイス!アイスにはごま油がかけられていています。食べると「餃子アイス」というのが良くわかりました。

ごま油が意外にもアイスに合うなんて、想像もしていませんでした。さすが餃子専門店ならではの発想ですね。

プリンは想像通りでした。おいしくいただきました。

肉汁餃子のダンダダンの店内

肉汁餃子のダンダダンたまプラーザ店は、外からのイメージとは違い、奥が深くてとても広い店内

清潔な明るい雰囲気です。

飲み放題もあったりと居酒屋としても人気。

入口付近に座ったので、予約の電話が頻繁にかかってきていて人気ぶりを伺い知れました。

お店の方はすごく元気で気さくな方。お店の入口にはたまプラ愛を堂々と掲げていました。こういうお店はいいですよね。

またジャスミン茶がお水の代わりにだされますが、ひっきりなしにお替りを入れてくださいます。

餃子料理とジャスミン茶の相性は抜群でうれしいサービスですね。

アプリの利用で割引も!

肉汁餃子のダンダダンの専用アプリを入れておくと、割引サービスがあります。

今回初来店にもかかわらず、少しのミッションをコンプリートして10%引きクーポンを獲得!会計時に反映してもらえました。

これはオススメですよ。

ダンダダンの口コミ

肉汁餃子ダンダダンはたまプラーザ店以外にも店舗があります。他の店舗を含めて口コミをお伝えします。

東京でなんだかんだ言って一番うまい餃子選手権

最優秀賞 肉汁餃子ダンダダン
金賞 亀戸餃子 入賞
池袋 開楽
入賞 ファイト餃子 巣鴨
X

肉汁餃子ダンダダン(なんば店) 肉汁餃子定食を頂きました。モチっとした皮から溢ればかりの肉汁がジュワーテで出てめちゃウマータレ😆✨
無しでも旨味たっぷりで最高!👍
ごちそう様でした🙏
X

ダンダダンたまプラーザ店の開店時間閉店時間

店名肉汁餃子のダンダダン たまプラーザ店
住所神奈川県横浜市青葉区新石川3丁目15−3 サンクレスたまプラーザ1階 >>地図で見る
電話045-482-5303
休業日なし
営業時間11時45分~15時00分 16時00分~0時00分  土日は休憩なし
あわせて読みたい
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「はまらいふ」の運営者「hama」です。横浜在住30年。横浜の田園エリアであるたまプラーザ・あざみ野界隈のおいしいものを中心に、食にまつわる情報を発信。大好きな横浜の魅力をお伝えします。

目次