ひげのぱん屋【センター北】は焼きたてが並ぶ活気あふれるベーカリー

センター北の高架下遊歩道「みなきたウォーク」沿いにある「HIGENO/PNYA 北のぱん焼小屋」。

焼き立てのおいしいパンを求め、いつ行っても店内は賑わっています。

ひげのおじさんがトレードマークの通称「ひげのパン屋 」は、なぜ人気なのかを調査してきました。

目次

センター北にあるひげのパン屋 店舗について

センター北にあるひげのパン屋は、「焼きたてのパンと心地のよい場所の提供」をコンセプト」にした店づくり。

パンの販売所の横に充実したイートインコーナーと15台の駐車場、現在準備中の「いちごファーム&いちごcafe」と3部構成のお店です。

パンの販売

こだわりである北海道美瑛(びえい)指定農園の小麦を使ったひげのパン屋さん。

昼時にもなるとパンを買う人の長蛇の列ができます。

ひげのパン屋のイートインコーナー

買ったパンは、一度店舗を出て、すぐ隣のイートインコーナーで食べる事ができます。

北海道の山小屋風の木の温もりを感じる店づくり。

購入した人にはお一人1杯のコーヒーがサービスされ好評です。パンと一緒に飲んでいる人が大勢います。

イートインコーナーには自販機も置かれているので、コーヒー以外でもここで飲むことができます。

独自ドメインがずっと無料!国内シェアNo.1【ロリポップ!】

ひげのぱん屋のパンメニュー

お子様向きに動物を形どった可愛いパンが、多くありました。

センターテーブルには季節感あふれるパンが並びます。

入口すぐにあるのは、みんなの好きなカレーパン。具がゴロっと入った「カリッふわ」食感のカレーパンです。

カレーパンは。多くの方のトレイにのっていた人気商品です。

ランチタイムには、作りたて食事用のコッペパンが飛ぶように売れていました。スタッフがオープンキッチンで作ってくれています。

あつあつコーナーはオーブンから出したばかりのパンが。オーブントレイのまま並びます

この臨場感がたまりません。もちろん、こちらから選んでもOKです。あつあつなので注意してくださいね。

丸い形のメープルラウンドは、こんなにあってもすぐに売れてしまうほど人気の食事パン。

1本でもハーフでも購入できます。

ボッシュ社員と作り上げた 本格ドイツパン

2024年5月にひげのぱんやのお隣に、ドイツに本社があるBOSCH日本法人の本社が、引っ越してきます

そうなんです、お店のある横浜市都筑区はドイツの会社が7社、ドイツの学校もあり横浜市で最も住んでいるドイツ人が最も多い区なのです。

そんな環境でひげのぱんやはBOSCHの社員とドイツ人学校「東京横浜独逸学園」の方のご意見をいただきながらつくりあげた「ミッシュブロード」。1本479円(税込)

ミッシュブロードはライ麦コと小麦粉を同じ比率で配合したドイツのパン。薄く切ってバターやジャム、チーズを合わせて食べるのがおススメとのこと。

食事パンとしてドイツ人のお墨付きのパンなのです

あわせて読みたい

ひげのぱんや 口コミ評判

久しぶりにひげのパン屋のメープルラウンド食いたくなった🤤
Xより

センター北のひげのパン屋はもう何度も伺っています人気店です。
Xより

今日のランチは夫と『ひげのパン屋』さん✨めちゃくちゃ美味しい🎶
Xより

ひげぱんに寄るといつも買わずにはいられないのが、カレーパン。
油で揚げた綺麗なフットボール型は、まさにカレーパンの王道をゆくような潔さです。
今日は自宅でいただきましたが、揚げたてを店内で頬張るのが1番おいしい🥰
Instagramより

ゆめ酵母 ひげのぱん屋は本店

ひげのぱん屋は2店舗あり、本店は横浜市港北区新吉田にある「ゆめ酵母 ひげのパン屋 新吉田本店」です。

どちらも同じメニューがあり、北海道美瑛の小麦を使用しています。

横浜市営地下鉄の高田駅が最寄り駅となりますが、少し距離があり駐車場も完備しているので車がおススメ。

その点ではセンター北のひげのパン屋は、駐車場もあり、横浜市営地下鉄センター北駅からもセンター南駅からも徒歩10分圏内。とても便利な場所にあります。

地下鉄高架下は遊歩道も完備しているので、お散歩ついでに立ち寄るのもいいですね。

店舗名HIGENO PANYA 北のぱん焼小屋
住所神奈川県横浜市都筑区中川中央2-1-1
電話045-593-6377
休業日及び営業時間月木曜日
平日:10:00~18:00 土日祝:9:00~18:00
当面変更の可能性があるのでこちらからチェック
イートインあり
駐車場15台
支払い方法現金のみ
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「はまらいふ」の運営者「hama」です。横浜在住30年。横浜の田園エリアであるたまプラーザ・あざみ野界隈のおいしいものを中心に、食にまつわる情報を発信。大好きな横浜の魅力をお伝えします。

目次