classical pastaはたまプラーザの本格イタリアン!ふわとろ生ハムで舌鼓

たまプラーザクラシカルパスタのタイトル画像

たまプラーザにイタリアンレストランがオープンし、おいしいと評判のお店をご紹介します。

その名は「クラシカルパスタ(classical pasta)」。あのローマの銘店サバティーニで腕を振るっていたシェフが作る料理はどれも絶品!classicalなイタリア料理をコンセプトとしたシックなお店は、おいしいお料理と素晴らしい接客で居心地の良い空間です。

この記事ではクラシカルパスタのランチレビューとおすすめポイントを中心にお伝えします。

目次

classical pastaのおすすめポイント

みなもとビル2階にあるレトロな雰囲気の外観を持つクラシカルパスタ

2023年9月にオープンしたクラシカルパスタは、たまプラーザの「鬼熊」や「ねもと」といった老舗のお店が入っている「みなもとビル」の2階です。

オープンしてまだ間もないのに、たまプラマダムたちの間で評判になっているクラシカルパスタ。その魅力について調べてみました。

独自ドメインがずっと無料!国内シェアNo.1【ロリポップ!】

元サバティーニのシェフが作る絶品料理

店内画像

シェフの佐々木玄(ササキゲン)さんは、サバティーニでシェフをされていた実力派

サバティーニといえば、ローマにあるイタリアの老舗。クラシカルなローマ料理を提供するお店と知られています。

サバティーニの伝統の技術を活かし古典的でありながら、現代人にも親しみやすいラインアップのお料理を提供してくれる「クラシカルパスタ」。

オープン間もないですが、既に訪れた人々の味覚を満足させています。

スライスしたての薄切り生ハムがふわとろ食感

赤いイタリア製の生ハムスライサー

「クラシカルパスタ」の中央にあるのは、存在感のある赤いイタリア製の生ハムスライサー。イタマニーニ社の手動スライサーです。青葉区内で一番おいしい生ハムを提供したいというおもいで、絶妙な食感の生ハムを注文に応じてスライスしてくれます。

「スライスしたてがなぜおいしいのでしょうか?」それは、あらかじめスライスしてしまうと水分が抜けてしまうから。

クラシカルパスタでは、スライスしたてのしっとりとしたふわとろ食感の生ハムを味わえます

佐々木シェフが生ハムをスライスするところ

佐々木シェフが丁寧にスライスしてくれました。薄さにこだわり、とろけるようなふわふわな食感と程よい塩味の「クラシカルパスタ」の生ハム。「生ハムは部位や、時期によって味が少しずつ違いますよ」と教えてくださいました。手間暇かけて作る熟成されたハムは奥が深いですね。

生ハムのフルーツ添え

生ハムにチーズや季節のフルーツなどをあわせてメニューもおすすめ。来店した際は、シャインマスカットと梨が入っていました。

クラシカルパスタに訪れたら、ぜひ味わっていただきたい逸品です。

classical pasta のパスタメニュー

モッツァレラとバジルのトマトソース

合わせるソースによって、生パスタと乾麺のパスタの2種類の麺が用意されています。

今回いただいたのは、ベーシックな「モッツァレラとバジルのトマトソース」。もちもちの生パスタが、程よい酸味のトマトソースとモッツァレラチーズによく絡み、「とにかくおいしい」。

シンプルだけど、丁寧な素材と技術が詰まっているパスタ

シラスとからすみのパスタ

▲シラスとからすみのパスタも絶品

あわせて読みたい

classical pastaは地元野菜を使用したメニュー

前菜盛り合わせ

クラシカルパスタでは、地元の契約農家「ミラクル農園」の無農薬野菜を使用しているそうです。

今回いただいた「前菜盛り合わせ」。
蒸し鶏、アスパラ、カポナータ(野菜のトマト煮)、イワシのオイル付け、レバーのバケットが彩り良く盛られています。ボリュームもかなりあり、2人で分けて丁度いい感じ。

蒸し鶏は口の中でとろけるほどの柔らかさ、野菜のソースと上手く絡み絶品。
カポナータ(野菜のトマト煮)は伝統的な味でありながら、野菜のうまみをしっかりと感じられる仕上がりです。

鶏のレバーペーストと一緒にいただくバケット

特に私が気に入ったのは、鶏のレバーペーストと一緒にいただくバケット。少し甘みがありレバーが苦手な人でもおいしくいただける味わいです。バケットとの相性が抜群!

また食べたくなるお料理ばかり…。

デザートも見逃せない

アフォガード画像

ドルチェには「アフォガード」をいただきました。

クラシカルパスタはコーヒーにもこだわりがあり、コーヒー専門店にも引けをとらないおいしさを提供してくれます。エスプレッソをアイスにかける「アフォガード」もコーヒーの香りと苦みがしっかりと感じられます♪

食後のコーヒー

コーヒーは、豆の質に定評のあるスペシャリティコーヒーのお店POCOPOCO COFFEEから取り寄せているオリジナルブレンド。味はやや深煎り。エスプレッソに近い感じなので私は砂糖とミルクを入れていただきました。食後にピッタリのコーヒーですね。

classical pasta ランチメニュー

クラシカルパスタのメニュー表

昼下がりにおしゃれで優雅にランチを楽しむ人が多い、たまプラーザ

自らもたまプラーザにお住まいで、地域性を熟知したオーナー。お客様の満足を得られる丁度いい感じが随所に垣間見られます。その中の一つがランチタイムの充実

クラシカルパスタは、平日限定と土日祝限定のおトクなランチが用意されています

classical pasta平日限定ランチ

平日ランチコースは2種

  • Aコース:2,400円(税込)で生ハムサラダ、パスタ、スープ、ドリンク、ドルチェ付きリスト
  • Bコース:1,750円(税込)でサラダ、パスタ、ドリンク付きリスト

2024年の春からAセットには、生ハムサラダに追加で前菜盛り合わせがつくようになりました。

パスタは下記から選択します。月替わりのパスタはリピーターにはうれしいサービスです。

選択メニュー
  • モッツァレラとバジルのトマトソース
  • シラスのぺペロンチーニ
  • 茸のシャンピニョンソース
  • ボロネーゼ
  • ラザニア

※パスタメニューは月替わり

彩り豊かなサラダとランチ生ハム

契約農家さんの野菜で作られたボリュームたっぷりのランチサラダは、少し甘めの自家製ニンジンドレッシングでいただきます。

さらにランチサービスとして、下記がお手頃価格でオーダーできるのも魅力です。

ランチサービス生ハム:1,100円
パスタ大盛:300円
バケット:300円
セットドルチェ:300円(全4種)

classical pasta土日祝限定ランチ

土日ランチコース

  • 2,200円(税込)でサラダ、パスタ、スープ、ドリンク、ドルチェ付き

なんと、10/6から土日祝ランチサービスが開始されました!

パスタの選択は平日ランチと同じ。

クラシカルパスタ 口コミ

今日のランチは生ハムが美味しいと聞いてたイタリアン!
生ハムサラダセットでパスタ、ドルチェ、飲み物付き!
私ともう1人は生ビールとワイン🍷も😋
すべて美味しかった❗️
ここはおすすめです✌️
Instagramより

前回、ディナーが美味しかったので、
お得なランチで再訪🍽️
@classical.pasta_yokohama
ラザニアをいただきました😋
ドルチェも美味しい❤️
Instagramより

シラスのカラスミパスタが気になって
雨の中行ってみました!
シラスたっぷりで美味しかった!
茸のシャンピニオンソースパスタ生ハム乗せも🥰
サラダもそしてコーヒーも美味しかったです!
お昼はモチモチパスタ。夜は乾麺だそうです。夜も行ってみたい❣️
Instagramより

高い評価のクラシカルパスタ、リピーターが多いのも特徴ですね。

クラシカルパスタはたまプラーザの代表的なイタリアン

いちごのジェラート

クラシカルパスタの感想

店名通り、創作メニューはなく伝統的なメニューです。伝統的なメニューは、どれを食べてもおいしく満足させていただきました

塩加減が絶妙で、素材の旨味を最大限に引き出し食材の特性を活かした食感を楽しめる、計算し尽くされた芸術作品のよう

オープンして間もない頃に初めて伺って以来、多くの方をお連れしました。皆さんにとても気に入っていただきました。もちろんランチはお得でおススメですが、夜に伺うとさらにメニューの幅が増えて楽しめました。

この度はお忙しい中、代表の奈良さんが取材を快く引き受けていただき、ありがとうございました。

クラシカルパスタの予約方法と場所

クラシカルパスタの営業時間情報:定休日は不定休、午前11時~午後10時

クラシカルパスタの不定休、予約時にご確認ください。席数24席と決まっていますので予約をした上、来店されることをおすすめします。予約は食べログからできるので便利です。

ランチタイム11時30分〜15時(L.O.14時半)
カフェタイム(2024年2月からの新サービス)14時〜17時
ディナータイム17時~22時(L.O. 21時半)

専用駐車場はありませんが、近隣にはコインパーキングがあります。電車の最寄り駅東急田園都市線たまプラーザから徒歩5~6分です。「CLASSICAL PASTA」が目印!

2階にあるクラシカルパスタの看板
たまプラーザ駅からクラシカルパスタへ行く地図
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「はまらいふ」の運営者「hama」です。横浜在住30年。横浜の田園エリアであるたまプラーザ・あざみ野界隈のおいしいものを中心に、食にまつわる情報を発信。大好きな横浜の魅力をお伝えします。

目次